育児教室!ウォーターサーバーが赤ちゃんのミルクには重要!

育児教室!ウォーターサーバーが赤ちゃんのミルクには重要!

育児教室!ウォーターサーバーが赤ちゃんのミルクには重要!

それでは今日も授業を始め聞きましょう。本日の授業はウォーターサーバーと赤ちゃんミルクの関係性についてお話します。

 

あなたの家では赤ちゃんのミルクをどのように作っていますか?もしかして、水道水なんて使っていませんよね。水道水を使っているのであれば、すぐに考え方を改めてください。水道水は危険がいっぱい含まれていると言っても過言ではありません。あまり大げさに表現して脅かしてもしょうがないのですが…。
どういうことかというと、水道水にはホルムアルデヒドや残留塩素が多く含まれています。特に危険なのが残留塩素ですね。残留塩素は大人でも肝臓を悪くしてしまうことがあるほどです。

 

「水道水を昔から飲んできたけど問題はないのにな」なんて思っているのであればあなたはラッキーですよ。残留塩素というのは少しずつ体に溜まっていきます。名前の通り塩分が多く含まれています。ある程度以上の蓄積がされてしまうと病気になってしまいます。大人ですら病気になってしまうのですから、赤ちゃんにとって大きな害になることはいうまでもありません。

 

また放射性物質の問題もあります。東日本大震災で福島原発が事故をしました。この影響で全国の子育てするママやパパは心配に駆られたことでしょう。なぜだかわかりますよね。そうです、放射性物質は目に見えません。正確な検査というのも、実は、まだ存在していません。現状の放射性物質検査というのはランダム検査です。一つずつ正確な数字を出しているわけではありません。それなので「水道水は安全です」とお役所に言われたところで安心してはいけないということです。

 

もちろん考え方は人それぞれです。それでもなお水道水を利用するのであればそうしたら良いでしょう。何かあったときに後悔しないために私はウォーターサーバーをおすすめします。

 

ウォーターサーバーの水は天然水を使っています。なかには、天然水を利用していないウォーターサーバーもありますが、そういうものは選ばないようにしましょう。天然水がなぜ良いのかというと、自然の栄養が豊富に含まれているかです。

 

人間の半分以上は水でできているというのは有名な話です。人間は水分量が多い生き物です。だからこそ摂取する水には神経質になるべきです。ウォーターサーバーの水は自然の栄養が豊富に含まれています。一般的なスーパーで買えるようなペットボトルの水にはそこまで品質の保証はされていないのが現実ですよ。もし、あなたが、まだ赤ちゃんのミルクに水道水を入れているのであれば、今すぐウォーターサーバーに切り替えることをおすすめします。

ホーム RSS購読